スピルリナで亜鉛不足は解消できる?

スピルリナ亜鉛

スピルリナはバランスの取れた栄養食品として注目されています。
特にたんぱく質が豊富で、さらにミネラルも含まれています。

 

近年、男性の健康維持という点で亜鉛不足が指摘されることがありますが、スピルリナは亜鉛を補うのにも役立ちます。

 

亜鉛は必須ミネラルで外部からの補給が必要

亜鉛は必須ミネラルの一種で食事などから補う必要があるミネラルです。
そのため、食事が偏りやすい現代人にとっては他の必須ミネラル同様に不足しやすいと言われています。

 

また、亜鉛は体に蓄えておけないという点がありますので、日々の栄養補給が重要です。

 

スピルリナには亜鉛は含まれているの?

スピルリナには100gあたり約5.0mgほど含まれています。
一日に必要な亜鉛の摂取量は1日約9mg程度必要だと言われていますが、スピルリナと普段の食事を合わせることで、不足しがちな亜鉛を無理なく補えます。

 

亜鉛は不足することは良くありませんが、過剰摂取をしてしまうと、逆に体調に悪影響です。

 

そのため、豊富な亜鉛を含んでいる他の食材や素材はありますが、あくまで無理なく亜鉛を補うのにおすすめと言えます。

 

スピルリナが育毛に役立つと言われる理由とは?

よくスピルリナは育毛に取り組む方の栄養補給アイテムとしておすすめされることが多いです。
これは、発毛を促すという薬効的な意味ではなく、不足しがちな栄養素を補うことが結果的に健康的な体作りに役立つという点が挙げられます。

 

スピルリナは良質な植物性たんぱく質が含まれており、さらにビタミンB群、ビタミンE、亜鉛やマグネシウムなどミネラルが豊富です。
髪を作るために欠かせない栄養素も含まれているため、食生活が偏りがちな方にとっては、栄養補給アイテムとして重宝する点が多いです。

 

健康な髪を作るのに栄養バランスを整えることは基本

育毛のためには規則正しい生活、食習慣は外せないポイントですので、このうちの食習慣の栄養バランスを底上げしてくれるスピルリナは健康的な体作りにおすすめでき、育毛を目指す方の栄養補給アイテムとしておすすめされているというわけです。

 

スピルリナを含む健康補助食品は栄養バランスのサポートをしてくれますが、健康を増進する効果はありません。
その代わり、日々の野菜不足な食生活など現代人に多い食生活の偏りのバランスを取るのに役立ちます。

 

そのため、スピルリナだけを摂って育毛に効果的というのは間違いで、あくまで健康的な栄養バランスを維持しながら、強い髪を育てることに取り組むというのが大切ですね。

 

>>スピルリナの特徴をチェック!TOPページへ


関連ページ

スピルリナ粉末(パウダー)の特徴・美味しい飲み方は?
スピルリナの粉末(パウダー)の特徴を美味しい飲み方や摂取量目安、選ぶ時のポイントについて解説しています。
スピルリナの成分・栄養素の種類
スピルリナに含まれる成分・栄養素の種類について解説しています。スーパーフードとも言われるスピルリナで補える栄養素をチェックしてみましょう。
スピルリナを食品と一緒に食べる時の食べ合わせの相性は?
スピルリナを食品と共に摂る場合の相性の良い食べ合わせについて解説しています。
スピルリナとスムージーは相性抜群!
スピルリナとスムージーは相性が良く、スピルリナの弱点もカバーしやすいおすすめの飲み方と言えます。
スピルリナ・クロレラ・ユーグレナの栄養を比較
健康に役立つ栄養が豊富なことで人気のスピルリナ、クロレラ、ユーグレナに含まれる栄養を比較、違いについて解説しています。
スピルリナとむくみ対策の関係
むくみが気にある人にスピルリナがおすすめされる理由について解説しています。
スピルリナでアレルギー反応は出る?
スピルリナを摂る事でアレルギー反応は出るのかという疑問、好転反応や副作用といった気になるポイントについて解説しています。
スピルリナを飲む時の注意点
スピルリナをサプリメントなどで飲む時の注意点について解説しています。また、スピルリナサプリを選ぶ時にチェックしたいポイントについてもお話しています。
スピルリナでデトックス効果は期待できるの?
スピルリナを習慣として摂る事でデトックス効果は期待できるのか?という疑問について解説してます。
スピルリナが子どもの栄養補給におすすめされる理由とは?
スピルリナが子どもの栄養補給におすすめされる理由を含まれている栄養成分を交えて解説しています。
スピルリナが妊婦さんの栄養補給におすすめな理由
スピルリナが妊婦さんの栄養補給に役立つとおすすめされる理由について含まれている栄養成分を交えて解説しています。
妊活の栄養補給に役立つサプリ選びに
スピルリナ配合サプリが妊活時の栄養補給に役立つ理由を栄養成分を交えて解説しています。